fc2ブログ
昨日は午前中地域健康相談医の仕事をさせていただきました。地区の交流運動会の中で、テントをお借りして整形外科的なことで困っている方の相談を受けさせてもらいました。
一番困ったのは話しを聞いてどういう状態かを判断し説明しなければならないことです。
思ったより難しいなと思いました。普段は病院にいますからレントゲン、MRIなどの検査に頼り診断、治療を進めるわけですから説明も簡単にいきます。患者さんと話す時間もそんなにかからないです。しかしお話しだけして、どういう病気か、予防はどうするか、普段は病院なんか行けないからどうしたらいいのかなどと聞かれると、とまどってしまいます。
診断は機械に頼りっぱなしということになると医師としての実力もどんどん落ちる一方であること、もっと患者さんのお話しをよく聞くことが大切であることに改めて気付かされました。今後も積極的に相談会には協力したいと思います。

さて相談会の目の前では町内対抗の運動会が行われていましたが、みなさん必死に頑張っていました。でも気をつけて欲しいです。普段運動をしていないのに、運動会に参加して怪我をすることって本当に多いのです。危なっかしい方も多数みかけました。家族にいいところを見せようと頑張るお父さん、特に気をつけてくださいね。転倒して、アキレス腱を切ったり、捻挫、骨折ということも多いですよ。
スポンサーサイト



2008.09.22 Mon l 日記 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿