fc2ブログ
先日大野病院で起きた医療訴訟の判決が下されました。結果は医師の無罪判決でした。
医療関係者からは無罪で当然という意見が多くありましたが、患者側に立つ方からは批判の声も出ているようです。
医療訴訟の話題は途絶えることがありません。人間である医師が行うことですから、予期しないことも起こりうると思われます。でも少なくとも医師は患者さんを悪くしようとして医療行為を行うことはないと思います。医療事故が起こった時は患者さん側もさることながら医療側の方も気の毒になってしまいます。
最近では警察が関与してくるようになっています。刑事訴訟となることも多いようです。
悪気がなく精一杯努力しても医療訴訟が起こってしまったら、もしかしたら逮捕されてしまうのです。犯罪となるのです。
私のできることは最善の注意をおこたらず医療を行うことしかできませんが………..
スポンサーサイト



2008.08.27 Wed l 日記 l COM(2) l top ▲

コメント

No title
私の身近でも、医療裁判を経験した方が居ます.
裁判で訴えた側も、訴えられた側もずっとその事実を背負っています.

医師という職業は、本当に背負うものが大きすぎると思います.これからも、先生は押しつぶされないよう多くの患者さんを助けてあげてください.
2008.08.27 Wed l . URL l 編集
No title
ありがとうございます。患者さん側との信頼関係さえあれば医療事故はおきないと信じて毎日の仕事にとりくんでいます。これからもがんばりますよ。
藤井
2008.08.28 Thu l . URL l 編集

コメントの投稿