fc2ブログ
最近、整形外科関係で新しい薬が多数出てきましたので何回かに分け、紹介いたします。整形外科と言えば痛みに対する治療がほとんどです。痛みは、大きく急性期の疼痛と慢性化した疼痛に分けることができます。急性期の疼痛はほとんどの鎮痛剤で緩和することができますが、厄介なのが慢性化した疼痛です。痛みに対する研究が多くなされ、慢性疼痛に対する内服薬が発売されました。実際に処方してみると、長年疼痛で苦しんだ方にも効果がみられました。さらに今月、皮膚にはる鎮痛剤も発売されます。湿布とは違いますよ。貼った部分から薬の成分が体内に入り、全身の疼痛に効くのです。画期的ですね。疼痛の緩和に大きな前進がみられた気がします。多くの疼痛で苦しんでいる患者さんの明るい顔をみたいです。
スポンサーサイト



2011.08.04 Thu l 日記 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿