fc2ブログ
ダウンタウンの松本さんがこの病気のため入院され手術することになりました。でも股関節唇損傷と聞いても何のことやらと思う方は多いと思います。関節唇(かんせつしん)は線維性の軟骨からなり股関節、肩関節では関節を安定させる役目を果たしています。股関節では受け皿の骨盤側が深くなっているため関節唇が損傷することは少ないのですが、肩ではスポーツ選手などで良く見られます。股関節の場合は生まれつき骨盤側の骨が浅い方に見られることが多くで、一般の方が損傷することはほとんどありません。以前、私の経験した症例を学会で発表させていただいたことがありました。
内視鏡下で治療可能な場合もありますが、経験のある医師は非常に少ないのが現実です。幸い私は数多く経験させていただきました。もし松本さんと同じような症状の方はぜひ受診していただければ幸いです。


スポンサーサイト



2010.06.29 Tue l 日記 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿