fc2ブログ
私が医者になったころ30年前
骨粗鬆症は年のせいだからしょうがないと言われていました
そして私自身も自分の手術技術を高める研究ばかりで
骨粗鬆症に対しての勉強はほとんどしていませんでしたし
あまり興味もありませんでした

近年骨粗鬆症の研究が進むにつれ
病気ではない予防が大切であるという考えが浸透し
私も興味を持ち始めました

研究会にも積極的に参加し骨粗鬆症の問題に取り組み
始めました
少しずつ報告いたします
スポンサーサイト



2019.02.26 Tue l 日記 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿